-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001-01-28 23:14 | カテゴリ:ライブ・ヒストリー
jopic_148.jpg
曲目:
ズンドコ節/ザ・ドリフターズ
Jovi be good

 前回に引き続き、本コンテストに出場する事になった。前回は二次予選で敢闘賞を頂くも、グランプリ大会では賞外となり、その雪辱を果たすべく計画を練る。基本は"楽しく"なので、協議の結果我等の個性を十分発揮できるであろう「JOVI BE GOOD」に曲目が決定した。もう一曲は、ますさん、こぶ、あっきんの3人による選曲の結果、「ズンドコ節」に決定した。昭和歌謡のようで、しかしどこかロックを感じさせるドリフの名曲は、より洗練されたコケティッシュかつパンキーな一曲に仕上がった。今チャンの効果音もかなりイケてる。
 今回二次予選でわしらと共演する方々は、なんとほとんどが昨年のグランプリ大会経験者であり、さらにわしらの出番は最終日のオオトリとなっていた。二次予選の最後をわしらが飾るのである。あら、どうしましょう。

 本番当日、ミーティングに集合する。すでに昨年ご一緒した実力派バンドの方々を確認する。「北河内リズムセクション」さん、サウスアメリカンなテイストのロックを聞かせてくれる。「SOUL THE FREEZE!!」さん、ホーンセクションが素晴らしいTOPカバーバンド。目見麗しき歌姫Jackeyさんは真っ白な衣装で臨んでいる。心地の良い緊張感がふつふつと沸いてくる。

 リハが始まり、次々とサウンドチェックをして行く。皆さん非常にノリが良く、リハの段階からお互いを盛り上げ合っている。このフェアプレイ精神がまた嬉しい。実際わしらのリハの時に皆さんが盛り上げてくれたおかげで、程好いテンションで本番に臨めたのは事実である。みなさんそんなつもり全然ないんでしょうけど、おかげで本当に楽しくライブができました。

 さあ、本番!司会のイナ氏が本日二次予選最終日で、かつオオトリである事を告げる。客席の友人・知人が頼もしく見える。まず一曲目は「ZNDOCO節」、客席が沸きに沸いている。SOUL THE FREEZE!!さん達は、立ちあがって踊ってくださっている。うれしーなー。ドリフで盛りあがらない人はいないでしょう、やっぱり。衣装は小学校の入学式のようなイメージ、ズンドコって色んな世代の恋を表現した歌なんですよね。んで、わしらはそのうち小学生バージョンを選択したわけです。しかし横のGSギャルスは、まったく雰囲気の違う衣装で、別のバンドみたいや。コブの衣装はまるでくいだおれ人形のような出で立ち、スパンコールが眩しいです。鼻メガネも違う意味で眩しいです。
 二曲目とのつなぎにわしのソロ、わしのギターのみが会場に響き渡り、つい夢中で弾いてるわしにコブが釘をさす。
「いつまで弾いてんねん!」

j_dorif.gifここでやっと「JOVI BE GOOD」のイントロである。ミディアムテンポのノリやすいロックンロールは会場を女美ワールドへといざなう。そして曲の間にドラムソロ、ここで女美ガイズフロント陣の3人はおもむろに脱衣ショーを繰り広げる。引田テンコー顔負けのイリュージョンであっとゆうまに万国旗ふんどし博覧会へ。まさにヒートビートは女美によりふんどしジャックされたのである。ふんどしで会場を蹂躙するJOVI。麻薬をうったように狂喜する者、恐れおののき合掌する者、こんなわしらが歴史に名を残さずして何を残す?!ふんどしか?
 おごそか(?)に演奏終了、時間は大体夜8時、司会の周りに全員集合する。8時だよ!全員・・(ドカッ!←ケリが入った。)素敵に、クールかつスタイリッシュに間奏を述べるわしら。どうだ見たか!

 かくしてわしら女美之衆、昨年に続き見事特別賞を頂戴したのである。ちなみにSOUL THE FREEZE!!さんは優秀賞、さすがだ。

〘BACK TO ライブ・ヒストリー〙
〘BACK TO HOME〙
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://leejovi.blog.fc2.com/tb.php/20-b1872e36
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。