-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-05 22:03 | カテゴリ:裏ジョバーズ
 そんなわけで、ただただ春まで低空飛行を続ける酒飲み友達「the Jovi Jovers」、わしは用事のない夜などは我らがジョビ部の部室であるぱしルーム、またの名を後の「おこぼし居酒屋」にて良く飲んだ。ちなみにおこぼし居酒屋と言うのは、酔っ払ってくると案の定床に酒をこぼしてしまうのだが、この部室においてはこれでもかと言うくらい頻回に酒をこかすのである。わしはもっぱらビールばっかりなので、よくビールをこぼした。しかし本当に良く飲んだ、こぼした。弱いのに好きだからすぐ酔う。こぶちゃんなどは真冬に目が覚めたら自動販売機を抱いてたり、シャツ一枚で薬屋の「ぢ」の看板の横で寝てたりと、それはそれは命懸けだ。

 わしらは一応全員飲む。練習後のビールは何とも言えずぷはっ、てなもんである。宴会の延長線上にある我がバンドは、その酒を飲む雰囲気を保ちつつやっているつもりである。楽しい事大前提でやっている。バンド内での音楽性のカクシツみたいな物も当然なく、むしろ各々の個性を出し合って融合した物を受け入れる幅広い嗜好性がJoviの器にになっているような気がする。そこにはやはり、お酒は欠かせない。はるか昔から酒と音楽は共に合った物であったし、酒は人々の魂であり、魂は音楽によって表現し得る。すなわち酒と音楽は切り離せない、という強引な三段論法を否定できる者ははたしているだろうか?

〘BACK TO 裏ジョバーズ〙
〘BACK TO HOME!〙
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://leejovi.blog.fc2.com/tb.php/32-ea5ef638
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。