-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003-11-23 23:01 | カテゴリ:ライブ・ヒストリー
jopic_89.jpg
ザ☆ピ~ス/モーニング娘
A Hard Days Night/ THE BEATLES
上を向いて歩こう/B-DASH
まつり/北島三郎
Jovi Be Good/The Jovi Jovers
勝手にシンドバッド/Southern All Stars

 一昨年までは、この時期催されていた会社のイベントの素人名人大会なるステージに毎年出演し、ファミリーの団欒に一役買っていたのだが、諸事情により昨年これが中止となった。秋の活動の場を一つ失い、しょうがないのでイモ掘り遠足にでも出かけ、いつもと違う秋をほくほくと堪能しようかと企んでいた女美之衆に、新たな出演機会が訪れた。「福対協 いきいきフェスタ」、会社の労働組合の関係で主催される催しで、会社関係のイベントメインで活動する地方バンドの我々にはうってつけの場だ。開催される場所も「ふれあいの郷生石研修センター」だって、う~ん、ローカル~♪
jopic_91.jpg その研修センターに集合したら、先に到着していたコブが出迎える。やっぱりというか、その手に豚汁、共食いの最中だった。天気が良いとはいえ、晩秋の気温はちと肌寒く、暖かい豚汁はなかなかオツであった、うむ、美味い!研修センターの周りにはテントが立ち並び、各地域の特産品や障害者施設で作った手芸工芸品、個人のバザーなどで賑わっていた。ステージは地面からそう高くなく、観客との一体感が期待される。

 今回の選曲は、まずこの場でわしらを見るのは初めてという人が多いと思うので、ジョビ真骨頂の曲を中心に、聞きやすい物をセレクトしたのだったのだった。まずは昨年BWでそのサービス精神の粋を結集した「ザ☆ピ~ス」、ボーカル陣&ワイヤレス陣(要するにあっきんとわし以外)はステージ後方から「HO~ほれ行こうぜ!」の掛け声とともに、一列縦隊の行進でステージに登場。かなり羨ましい登場を、わしとあっきんは指をくわえて見ているだけだった。キーッ、くやしいっ!とハンカチの端を噛むヒマもなく、曲がスタート。観客にはかなりウケている。いいぞいいぞ、もっと毒されろ!
そんな時にうれし恥ずかしハプニング、10回会う内の9回はチャック全開のこぶちゃん、今日はせっかくキッチリ閉めて来たのに、歌に力がこもり過ぎて、チャックが ぱーん!とはじけとんだ。目の前にいたおっちゃん、おばちゃんにはバカうけである。うーむ、さすが体を張っている、というか笑いの神様が彼に宿ってるね。神とは果たして人間か?象徴か?なんてナンセンスな問答をする前に彼を見ろって感じだ。そんな物を超越した圧倒的な存在感がそこにはあるのだ。

 さて、二曲目はやはりサラリーマンらしく「A Hard Days Night」、三曲目は不朽の名作「上をむいて歩こう」、しかも恐らくジョビ初挑戦となるであろうB-DASH版のレゲエ調でカバー。ギターのゆらゆらしたカッティングや全体のノリなど、非常に難しい。改めてレゲエという音楽を発明したボブの偉大さを知らされる。曲の後半はテンポの速いスカ・ビートで、始めの展開からするとまるでスカからの進化に対して退化しているようなエンディングだ。とても良い曲なのでまた演りたい。

 さあ、次は久々のまつりだ。今回はこの曲のために新たにサポートメンバーを加えてある。パシの後輩のいけうち君だ。今回まつりをやるという事で彼に参加をお願いした。その「まつり」の為に参加してもらったと言う彼のパートは何と"和太鼓"!憧れのジャパニーズ・ドラムだ。和太鼓といっても樽状の物ではなく、エイサーか何かで肩からかけて使う円筒状のタイコだ。かなり叩き込んでいるらしく、そのリズム感は力強くかつテンポ良く、あっという間に「まつり」ビートに馴染んでしまった。やるぅ。イントロはあっきんのフロアタムと上手く融合し、長らく眠っていたおまつり魂に火をつけたのだ!この選曲はやはり客層を選ばない。熟年層には耳に馴染み深く、ヤングにはまた違った解釈で大ウケだ。

 よっしゃ、じゃ次も迷作「JOBI BE GOOD」だ。「上を向いて歩こう」からは息つくヒマないほどの波状攻撃、酸素ボンベなしでは見れないよねこりゃ。そして最後はやっぱりこれっきゃないぜ、「勝手にシンドバッド」、略して「勝シン」。らーらーらーと熱唱し終えて、ステージも無事終了。
 終わった後は他の出演者を見学したり、バザーを物色したりと、なかなか楽しいひと時を味わった。知り合いの出してるバザーでは、何とパシが缶ビールでビアホールの雰囲気を満喫できるであろうビアサーバを¥500でゲッチュウ!これでまた今度盛り上がろう。今回は"良いお祭は良い音楽を生む、良い音楽はまた良いお祭に宿る"そんな言葉を残したい。今日の余韻に浸りながら、秋の夜長を楽しむジョビなのであった・・・。

jopic_92.jpg jopic_93.jpg

〘BACK TO ライブ・ヒストリー〙
〘BACK TO HOME〙
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://leejovi.blog.fc2.com/tb.php/60-9af886c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。